【13】株式会社日立製作所

リーディングカンパニーアイキャッチ

企業等の紹介

13

代表者:代表執行役 執行役社長兼COO 東原 敏昭
設立年月日:大正9年(1920年)2月1日[創業 明治43年(1910年)] 本社所在地:東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
資本金:458,790百万円(2014年12月末日現在)
従業員数:33,500名(2014年3月末日現在)
連結従業員数:320,725名(2014年3月末日現在)
事業内容:情報・通信システム、電力システム、社会・産業システム、 電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、 生活・エコシステム、その他(物流・サービス他)、金融サービスの10セグメントにわたる、製品の開発、生産、販売、サービス

女性の活躍促進に関する取組み

意欲のある女性が活躍し続けられる組織

13-1

【女性のキャリア促進に向けた数値目標】

・2015年度までに女性社員を役員に登用する
・2020年度までに日本国内の女性管理職を1,000人とする(2012年度比2.5倍)

【主な取組み】

・人財部門担当役員と全国の女性総合職との意見交換
・「日立グループ女性活用度調査」
・「日立グループ女性リーダーミーティング」「日立グループ産休前・復職支援セミナー」 「日立グループ若手女性向けキャリアセミナー」
・ダイバーシティ・ワークショップ/管理職研修
・全国各地域での日立グループ女性ネットワーク構築
・他社との異業種交流研修
・リケジョを中心とした女子学生に対するキャリアイベント

仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

【主な取組み】
・長時間労働縮減強化13-2
・「タイム&ロケーションフリーワーク」の推進
・「WLB-up!月間」設置(ワーク・ライフ・バランス向上月間):毎年11月
・各種両立支援制度の整備・拡充
・社内託児所の設置(2003年/神奈川県横浜市戸塚区/約70名受入)

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

【主な取組み】13-3
・「日立グループ産休前・復職支援セミナー」
・「タイム&ロケーションフリーワーク」の推進
・仕事と育児を両立する男性社員のロールモデル紹介
・「日立ボランティアデー」(強化月間:11・12月)

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

ダイバーシティはイノベーションの源泉であり、日立の成長エンジンです。
性別・国籍・職歴・ 年齢・性的指向・価値観など、外面あるいは内面の違いを「その人がもつ個性」と捉え、それぞ れの個性を尊重し、活かしていくことが日立のダイバーシティマネジメントです。
多様な力を結集し、優れたチームワークとグローバル市場での豊富な経験によって、お客様の多様なニーズに応えていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Loading Facebook Comments ...