【185】大建工業株式会社

大建工業

企業等の紹介

会社概要

設立年月日:1945年(昭和20年)9月26日
本店:富山県南砺市井波1番地1号
本社大阪事務所:大阪市北区堂島1丁目6番20号
資本金:131億5,003万円
グループ従業員数:3,060名
売上高:168,141百万円 (上記は、2016年3月末時点)
ホームページhttp://www.daiken.jp/

 

事業内容

大建工業
  • 素材事業:サステイナブルな視点で木質資源や未利用資源を有効活用しながら、不燃、耐震、断熱、防音、調湿など 様々な機能を付加した素材を製造・販売
  • 建材事業:住宅向けから公共・商業施設向けまで、床材、壁材、天井材、ドア、収納、音響製品などの空間を形づくる 幅広い建材を製造・販売
  • エンジニアリング事業:公共・商業建築分野、マンション市場を中心に、専門的なノウハウと技術で素材、建材の機能を最大限に 引き出す空間をつくる工事の請け負い

終戦直後の1945年9月26日、世界遺産・五箇山の一角、富山県利賀村で創業しました。

特殊合板の製造 から始まり、現在では室内ドアやフローリング等の内装建材や木質資源や未利用資源を原料とした木質 繊維板(インシュレーションボード、MDF)、ロックウール吸音板(ダイロートン)、火山性ガラス質複層板(ダイライト)等の製造・販売、施工も手がけています。

 

女性の活躍促進に関する取組み

当社では、ダイバーシティを経営戦略の一つとして位置付け、多様な“人財”が能力を最大限発揮できる ような職場づくりに取り組んでいます。

その中でも女性活躍推進に関しては2014年8月に『女性活躍推進 プロジェクト』を設置し、社内制度整備や周知活動、社外認証の取得に取り組んでいます。※当社では、社員を代替の利かない会社の貴重な財産と捉え“人財”という表記を用いています。

 

■意欲のある女性が活躍し続けられる組織

新人事制度の導入で多様な働き方に適した環境整備

2016年度より従来の「総合職」・「一般職」の区分を廃止し、「全国コース」・「地域限定コース」の2つのコー スに改定しました。柔軟に働き方を選択できるよう、双方向のコース転換も可能となっています。

また、地域限定コースのままでも管理職への昇格が可能になり、多様な働き方をしながらキャリア開発ができる制 度となりました。

 

女性社員、管理職向けの新たな研修の実施

2015年度より、これまで教育機会の少なかった旧一般職の女性社員を対象にスキルアップや視座を上げることを目的とした新たな研修を実施しています。

また、その上司を対象に女性活躍推進の意義理解を目的とした研修も合わせて行っています。

大建工業

 

女性管理職の積極登用

『2018年度に全管理職に占める女性管理職比率を3%以上(約10名)にする』を目標に女性管理職の登用 を進めています。
また、今年度には女性の部門長が2名誕生しました。

 

新卒採用(大卒)の女性の積極採用

例年男性に偏りがちであった新卒採用において性差ない採用を目指し、女性の採用比50%を目標に掲げ採用活動を行っています。

2013年度に21%だった女性比率が2016年度には47%へと改善。

2017年度には 目標を達成する見込みです。今後も女性の積極的な採用を継続していまいります。

 

■仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

仕事と育児の両立支援ガイドの作成・活用

円滑な職場復帰や復帰後の活躍に役立ててもらう事を目的とし、『仕事と育児 の両立支援ガイド』を作成しました。

このガイドは出産育児と仕事の両立を支援する社内制度を分かりやすく紹介し、復帰後のキャリアや業務に関する上司・部下・同僚間でのコミュニケーションのポイントについて掲載しています。

妊娠した本人だけでなく、周囲の人にも役立つガイドとして活用されています。

 

三者面談の実施

2016年9月より、産前産後、育児休業の前後に本人・上司・人事担当者を交えた三者面談を実施しています。

産休前に2回、育休中1回、復帰後1回の計4回実施をすることで、本人の不安軽減・復職へのモチベーション向上、上司や周囲とのコミュニケーションを図り、スムーズな復帰を促しています。

 

ノー残業デーの実施

1定時退社の意識付けを行い、残業時間を削減すること、2趣味や仕事の時間を確保して自身のスキルアップにつなげること、を目的としてノー残業デーを設定し運用しています。

また、毎日一斉消灯の時間 を設定し、残業時間の削減に努めています。

 

■男性の育児や家事、地域活動への参画支援

男性の育児休業取得推進

2016年度社内規程を改定し、『育児休業期間のうち、5日間を上限に有給扱いとすること』としました。

これにより男性社員も育児休業を取得しやすくなりました。

2016年11月現在、5名の男性社員が育児休業を取得しました。

 

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

2015年、当社は創立70周年を迎えるにあたり10年後の2025年を見据えた長期ビジョン『GP25(GROW/ GLOW PLAN 25)』を策定しました。

GROW「成長」には売上・規模の拡大はもちろん質的にも成長し続ける 企業でありたいという想いが、GLOW「輝く」には社員が活き活きと輝ける企業にし、社会からも評価される魅力的な会社になりたいという想いが込められています。

女性活躍推進はもちろん、社員全員が“輝ける”会社を目指し、今後も継続してダイバーシティ推進に取り組んでまいります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Loading Facebook Comments ...