2015年11月

地域できらめく

シングルマザーで3歳の女の子を子育てしながら「ちんどん通信社」のメンバーとして活躍されている林 風見花さんのインタビュー

林風見花さんは、大阪のちんどん屋・林幸治郎さんの長女として2007年に17歳でプロデビュー。主に踊り、ちんどん太鼓、芝居などを担当。シングルマザーとして3歳の女の子を子育てしながら、大阪市中央区を拠点に、地域イベントに参画する他、全国各地、海外公演でも活躍しています。子育てをしながら地方公演に出向くなど時間の調整の難しい仕事を続ける風見花さんに「輝く」ヒントを伺いました。