【201】株式会社モリタホールディングス

モリタホールディングス

企業等の紹介

モリタホールディングス

1907年に創業し、100年を超える歴史を持つ消防車のトップメーカーです。国内シェアはNo.1、その売上高は世界で3位です。
現在は技術研究所を構えて、従来の事業領域を超えた研究開発に取り組んでいます。たとえば、さらなる少子高齢化社会を見据えた介護関連機器の研究や、IoT社会を見据えた新サービスなど。
また、国内市場メインの事業モデルから、海外市場メインの事業モデルへ急速にシフトを図り、その領域も中国・ベトナムを中心とするアジア・中近東エリアだけでなく、欧米まで広がりを見せています。
dibersity&inclusion

これら私たちが取り組む研究活動や事業モデルの構築には、従来にない価値観や発想が不可欠との思いから、2016年4月にタイバーシティ推進室を発足させました。
多様な人財の採用や人財育成、および、多様な働き方の制度改革に取り組んでいます。

株式会社モリタホールディングスのホームページを見る

 

女性の活躍促進に関する取組み

意欲のある女性が活躍し続けられる組織

出産や育児等のライフイベントにより、昇進スピードに差が生じないよう、「キャリア100制度」「昇格要件特別措置」を設けています。これらの制度により、出社期間が短くとも成果に応じて公平に評価され、たとえ休業中であっても昇格試験の受験が認められるため、成果を発揮していれば昇進スピードに差が生じないようになっています。
事実、復帰直後に昇格をした女性社員の事例も複数出ております。

女性リーダー研修
グラフ

出社期間が2ヶ月短い=成果が小さい、ではなく、出社期間を100%としたとき、発揮した成果がどうであったかで評価を行う。

仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

共働き世帯の増加を受け、子の学校行事に両親ともに出席できない事態を防ぐため、特別有休休暇制度を新設しました。また、配偶者の出産や出産間もない時期において、男性の育児参加を促すための特別有給休暇制度も拡充しています。
加えて、育児中の社員が柔軟に勤務できるよう、時差出勤制度も設けています。

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

残業時間の削減に向けて、管理職へのヒアリングや各自の業務棚卸を実施しています。
加えて、有給休暇の取得率向上に向けた有休休暇取得計画書の作成など、着実に支援を広げています。

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

これからも採用・人財育成・制度改革の3つの大きな柱を軸に、男性も女性も存分に能力を発揮できる職場づくりに取り組んで参ります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう