【236】株式会社NTTドコモ

NTTドコモの女性活躍

企業等の紹介

社名:株式会社NTTドコモ
本社:〒100-6150 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
代表者:代表取締役社長 吉澤 和弘
設立:1991年8月
営業開始日:1992年7月1日
資本金:9,496億7,950万円
従業員:7,616名
企業理念・ビジョン:
私たちは「新しいコミュニケーション文化の世界の創造」に向けて、個人の能力を最大限に生かし、お客様に心から満足していただける、よりパーソナルなコミュニケーションの確立をめざします。
事業内容:
・通信事業:携帯電話サービス(Xiサービス、FOMAサービス)、衛星電話サービス、国際サービスおよび各サービスの端末機器販売 など
・スマートライフ事業:動画配信サービス、音楽配信サービス、電子書籍サービス等のdマーケットを通じたサービス、金融・決済サービス、ショッピングサービスおよび生活関連サービス など
・その他の事業:ケータイ補償サービス、システムの開発、販売および保守受託 など

ホームページ:https://www.nttdocomo.co.jp/

 

女性の活躍促進に関する取組み

 

意欲のある女性が活躍し続けられる組織

NTTドコモの女性活躍
ダイバーシティ定着のため、これまでトップコミットメント発信、意識調査、全国的な推進体制の構築、各種研修など、社員一人ひとりが当事者意識を持てる活動に取組んでいます。

その中でも、「女性の活躍推進」の取組みは特に強化を図っており、女性のキャリア向上意識の醸成や十分に力を発揮できる環境づくりを進めています。

個人の能力を最大限発揮することを目的に、2006年からは女性役職者のキャリアアッププログラム(Women’s innovative Network in docomo:Win-d)を更に発展させ、女性のロールモデル育成に力を入れており、女性活躍推進のトータルサポートを行っています。

2018年度には、女性管理者比率5%到達、女性役員数10人以上(グループ会社含)をめざしています。

また、育児休職中であっても、職場とのつながりとキャリアの継続をサポートする「ドコモ・スマイルリレー」を導入し、復職後の仕事と育児の両立における働き方や育児、職場環境の不安を払拭できる仕組みを作っています。
女性が活躍しています。

 

仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

社員が多様な働き方ができるよう、ワークライフバランスを重視しています。
そこで、NTTドコモでは社員一人ひとりの能力を最大限発揮できるように、仕事と育児、介護の両立をサポートする取組みを行っています。

具体的には、育児や介護を理由とした時間短縮勤務や休暇・休職に加え、勤務時間の個人シフト(スライドワーク)や定時退社・朝型勤務(プライオリティワーク)などの仕組みを取入れ柔軟に対応しています。

 

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

男女役割分担意識払拭のため、家事・育児啓発ABCクッキングレッスン(特に男性社員向け)、パパママ育児教室、男性の育休取得の把握による見える化などの活動を行っています。

2008年から次世代育成支援対策推進法に基づく厚生労働大臣認定マーク「くるみん」も取得し、ワークライフバランスをさらに推進し、働き方の見直しによって限りある時間を有効に活用することを目指しています。
くるみん

 

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

携帯電話市場は、熾烈なシェア競争に加え、利用者の属性も様々であり、端末の高機能化により、新しいサービスも増加し、利用方法も多様化する時代に突入しています。

NTTドコモでは、こうした市場動向に先んじて対応し、お客様に魅力的な価値を提供していくために、性別、年齢、国籍など属性が異なる多様な人材を内包し、企業の強みに変えていく、ダイバーシティ・マネジメントを追求し続けています。

お客様のスマートライフ実現のために、ドコモ社内における意識改革を大胆に実施し、これからも社員一人ひとりの「個性(多様性の視点)」をエネルギーに「価値創造」、「価値提供」をし続けることをここに宣言します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

NTTドコモの女性活躍
Loading Facebook Comments ...