【49】関西電力株式会社

企業等の紹介

2

所在地:本店 大阪市北区中之島3丁目6番16号
設立年月日:1951年5月1日
資本金:4,893億円
売上高:2兆9,582億円(連結ベース 3兆3,274億円)(2014年3月末実績)
従業員数: 22,566名(2014年3月末時点)
事業内容: 電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業 等

関西電力グループは、創業以来、半世紀以上にわたって、電力の安定的な供給を中心に、お客さまのお役に立ち続けることを企業の使命として、事業を営んできました。経営環境や事業のかたちがどのように変わろうとも、エネルギーをコアに、くらしの基盤となる領域において、『お客さま満足NO.1企業』をめざし、その実現に向け「変わらぬ使命のために、変わり続けていく関西電力グループ」でありたいと考えています。

女性の活躍促進に関する取組み

意欲のある女性が活躍し続けられる組織

2011年6月 人材活性化室にダイバーシティ推進の専任組織として「ダイバーシティ推進グループ」を設置し、男女の別なく全従業員を対象に個々人の「ちがい」を強みとして活かし、個人の成長と組織力のさらなる向上を図るための意識改革・行動変革に取り組んでいます。中でも、組織に多様な感じ方やものの見方をもたらす重要な源泉の一つとして女性を取り上げ、仕事を通じた能力開発と自己成長・組織への継続的な貢献を促し、ライフステージが変化しても、意欲高く働き続けられるような環境整備に取組んでいます。
3 4

女性活躍推進に関する目標値

・ 2020年度末までに、女性役職者比率を2013年度の倍以上とする
・ 事務系採用における女性比率40%以上 (平成27年度実績 28%)

組織における女性の活躍には、女性本人の就業意欲・キャリア意識の向上だけでなく、部下を育成・指導する上司層の意識の変革や、性別による「ちがい」を踏まえた育成力の強化が必要だと感じています。当社では、女性本人向けの研修を年齢やライフイベント等から生じるニーズに合わせた内容でタイミングよく実施するとともに、上司層に向けては研修や意識向上のための双方向コミュニケーションを実施しています。

主な取組み

・「私の仕事塾」: 入社2~5年目対象。キャリアを築きながら、働き続けていくための動機付け。
・「キャリアストレッチセミナー」: 中堅以上対象。職場におけるリーダーシップの発揮を促し、キャリア意識を向上させる。
・「プレママセミナー」: 育児休職取得予定者対象。復職タイミングや、仕事・育児の両立に向けた準備・ノウハウの伝達。
・「部下育成力向上研修」: 女性を部下にもつ上司対象。キャリア意識やライフイベントが持つ影響度合いに男女差があることを理解し、それを踏まえた能力開発やキャリア意識の向上が図れるように教育している。今までに約660名が受講。
・「ちが・ちかfe」(ちがいは、ちからカフェ): 社内の女性同士が交流できる機会を提供。
この他にも、社内ホームページ「ちが・ちかネット」(ちがいは、ちからネット)で、各所で活躍する女性ロールモデルも定期的に紹介しています。
5 67

仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

ワークライフバランスを促進する観点から、労働時間を意識した働き方や業務効率化を推進するとともに、時間制約(育児・介 護等)の有無に関わらず、一人ひとりが持てる能力を最大限に発揮できるような「働き方」の実現を目指して、様々な取組みを 実施しています。
 ・ 各種両立支援制度の整備
・ 社内ホームページに上司・女性本人向けの「育児と仕事の両立
支援ガイド」と制度一覧を掲載。
・ 定時退社日(原則毎週水曜日はノー残業デー)の設定。
・ 時間外労働をする際は、事前申請・許可制。
・ ワークスタイル改革の一環として、ITツールの活用や、TV会議の 利用による会議の効率化推進。
・ 職場ごとの時間外労働削減に向けた取組み。(例:集中タイムの導入)
・ 「家族の日・家族の週間」(内閣府)にあわせた社長メッセージの配信や家族の職場見学の実施。
og1
「両立支援ガイド・制度一覧」

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

・社内ホームページに育児のための両立支援制度を掲載し、男性が使える制度を明記。(※上記参照) ・社内ホームページでイクメンロールモデルのインタビューや、男性から集まった「家事時短術」を紹介したり、夫婦で参加する 「ベストな共働きを考えるフォーラム」を他企業と合同で開催し、イクメン・イクボスのロールモデルによるパネルディスカッショ ン等と通じて、それぞれのキャリアと子育ての両立について考える機会を設ける等、男性本人意識啓発を行うとともに、男性も 育児・家事に参画しやすい職場環境づくりに努めています。

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

当社では、「ちがいは、ちから。」を合言葉に、一人ひとりの「ちがい」を尊重し、 多様な価値観や発想を組織の力にするために、性別や年齢等の属性やライフ イベントに関わらず、誰もが能力を最大限発揮できる働き方の実現や職場風土 の醸成を目指して、様々な取組みを実施してきました。
経営環境の変化の中、お客さま本位の精神のもと、これからも、お客さまのお役 に立つ企業グループであり続けるために、ダイバーシティ推進を経営戦略として 位置づけ、加速的に取組みを進めてまいります。
kd

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Loading Facebook Comments ...