【74】株式会社キンダーキッズ

企業等の紹介

(株)キンダーキッズは英語保育園「キンダーキッズ・インターナショナルスクール」を全国に展開している他、卒園生向けの英語教室や語学留学プログラム等、0歳から高校生までトータルに英語環境を提供しています。2000年に大阪で事業をスタートし、現在は関東、名古屋、関西に20校展開しています。2013年には新たな事業として、体験型英会話教室「アイアイキッズ」がスタートした他、2014年にはカナダにも開校し、海外での新展開もスタートしています。

1 2 3

女性の活躍促進に関する取組み

意欲のある女性が活躍し続けられる組織

◆「女性が活躍できる職場」、このキーワードこそが、これからの企業発展に必須であることを、経営及び従業員ともに共通認識とし、「女性のための職場づくり」を2015年から着手いたしております。出産育児休業や育児短時間制度など法令で定められておりますが、その法令の基準以上の制度を設けることで、少しでも意欲ある女性が活躍できる環境を整えたいと考えて取り組んでおります。その中で、「中小企業でもできる!」を、もうひとつのキーワードとしております。私たち中小企業レベルでは、経費面・人的面において法令で定められた基準以上の制度を制定し運用することは、経費面・人的面で非常に厳しい環境とはなりますが、「女性が活躍できる職場」でありたい思いから、経営者・役職員の区分なく全社一丸となり、女性のための社内制度充実を図っております。

◆社内制度が充実していても、それを運用できる環境がなければ「女性が活躍できる職場」づくりは難しいと思います。「女性に優しい会社」であり育児に関する諸制度を利用しやすい雰囲気(社風)づくりをおこなってまいります。

◆女性の役職員登用を進めており、現在、課長職以上及び役員の女性が占める割合は55%と
半数を超えております。
4 5

仕事と生活の両立(ワークライフバランス)支援

◆育児と仕事の両立が図れることにより、従業員は引き続き会社で活躍することができ、また会社は、その従業員の高い能力を会社に提供してもらえる仕組みが成立すると考えす。お互いが、豊かな時間をうみだすことができる環境作りが必要と考えます。育児短時間勤務の積極推進や小学校3年生終了までの適用範囲延長などで、子育て従業員の支援をはかっております。

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

◆妻の出産日に、男性が立ち会えることを主旨として、「出産休暇」を特別有給休暇として、制度化いたしました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Loading Facebook Comments ...