【83】株式会社野村総合研究所

企業等の紹介

1

 
(2015年3月31日現在) 
・本社所在地:〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル
・創業日   :1965年4月1日
・従業員数  :5,972人(NRIグループ9,012人)
・事業概要  :コンサルティング、金融ITソリューション、産業ITソリューション、IT基盤サービス

NRIの女性活躍推進活動

NRIで働く女性社員一人ひとりが「プロフェッショナルとしていきいきと働き続けられる会社」を目指し、
・女性のキャリア形成支援
・仕事と育児の両立支援
・企業風土の醸成
を3本柱としてNRI Women’s Network(NWN)活動を開始しました。

女性の活躍促進に関する取組み

意欲のある女性が活躍し続けられる組織に向けて

「社内に相談相手がいない」、「なかなかロールモデルに出会えない」、という声を受けて、2010年に女性活躍推進社内サイトを立ち上げました。女性活躍推進活動の報告や先輩社員インタビューの発信など女性社員に関わる情報を一箇所に集約し、いつでも必要な情報が取得できることで、女性が働きやすい社内環境づくりをサポートしています。

女性向けキャリア研修の実施や、女性向けフォーラムの継続開催(2015年度で8回目)により、女性社員同士の社内ネットワークづくりもますます盛んになってきています。加えて管理職研修等において活動内容を周知するなど、組織全体の風土醸成も進めています。

3

仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

出産を迎える社員と上司を対象として、妊娠中や復帰後の働き方について三者面談を行っています。
制度や多様な働き方の事例を紹介することで、安心して休業→復帰できるようサポートしています。
上司向けには「仕事と育児の両立支援Guide Book」を作成し、制度や手続きを時系列で説明することで理解を促し、妊娠中にかかりやすい病気や保育園事情などのコラムを織り交ぜ、マネジメントツールとして役立っています。
また復帰後にはワーキングマザーと上司のペアで参加する「両立支援研修」を行い、あらためて仕事への前向きな気持ちの醸成と業務アサインの工夫などを理解する場となっています。
その他、育児・介護制度をより利用しやすい内容へと適宜改定することで、社員が気持ちよく働き続けられる環境を整える工夫をしています。
5 7

NRIでは2007年より継続してくるみんマークを取得しています

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

これまで主に女性社員向けに活動してきましたが、男性社員にもより広く参加してもらえることを目的に、今年度よりYOROZU相談会を立ち上げました。毎回テーマを設け、興味ある社員同士で座談会を行うことで、自身の悩みや課題を少しでも払拭してもらえるよう開催しています。学校PTAへの参加の心構えや、子供の受験についてどう考えるか、介護の工夫、禁煙セラピーなどのテーマで実施しており、女性社員以上に男性社員が積極的に参加しています。継続的に啓蒙活動を行いながら、男性社員が育児・家事に参画しやすい企業風土を目指しています。
また、仕事を効率的に行う一方で仕事以外の時間を確保・充実させることをテーマに、2006年度から「スマート・ワークスタイル・キャンペーン」に全社的に取り組んでいます。退社時間や休暇取得などについて会社が指針を設けるのみならず、主体的に自分の時間をマネジメントすることを推進しています。

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

このたびは認証いただきありがとうございます。
NRIでは、社員が健全にいきいきと働き続ける職場環境づくりを目指して、多様な人材の活用、グローバル人材の育成、労務環境の改善など、さまざまな取り組みを進めています。長時間労働を抑えワーク・ライフ・バランスの向上を促進し、自身の健康や家庭生活も大切にしながら能力を十
分に発揮できる環境が、NRIグループのさらなる成長につなげていきます。男性の育児休業取得者数も年々増加しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Loading Facebook Comments ...