大阪市からのお知らせ 「女性の視点を活かした」防災訓練を実施しました

女性の視点を防災・減災の取組みにつなげていくためには、あらゆる場面で女性が発言でき、その意見が反映されることが求められています。防災分野でも女性のリーダーが増えていくことが望まれます。このような取組みが地域で拡がっていくといいですね。

大阪市平野区役所では、避難所の運営等に女性のニーズや視点を取り上げていくことで、男女共同参画を踏まえた地域における防災・減災の取組につなげることを目的として、「女性の視点を防災に活かす」防災訓練を実施しました。

阪神淡路大震災や東日本大震災の避難所生活における、教訓や問題点(妊産婦への配慮、プライバシー確保等)を事前に学習し、その後、避難所開設で女性の視点が重要となる施設(更衣室や授乳室等)について、校舎図面を用いて設置場所の検討や配慮すべき事項等をワークショップ形式で話し合い、訓練を行いました。

IMG_2768

今回の防災訓練の事前学習に用いました「男女共同参画と防災・減災パンフレット」もご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Loading Facebook Comments ...