【416】住江織物株式会社

住江織物

企業等の紹介

設 立 : 1930年(昭和5年12月26日)
代表者 : 代表取締役会長兼社長 吉川 一三
資本金 : 95億5千4百万円(2019年5月31日現在)
従業員数: 260名(連結グループ2,899名)(2019年5月31日現在)
事業内容:
〇インテリア事業(カーペット、カーテン、壁紙、各種床材等の製造および販売)
〇自動車・車両内装事業(自動車、バス、鉄道車両、航空機等の内装材の製造および販売)
〇機能資材事業(電気カーペット、消臭関連商材等の製造および販売) 

~快適な空間と彩りのある暮らしを~
 住江織物は、1883年創業以来、住まいや公共施設といった人が集う場や、鉄道・自動車といった室内環境の向上に貢献してきました。昨今では、さらなるグローバル展開や、非繊維分野への事業拡大にも積極的に取り組んでいます。同時に、企業の長期的な成長に向けて、ガバナンスの強化、環境への取り組み、人材への取り組みおよび企業風土の改革を重要な課題と位置付け、諸施策を推進しています。
 また、日本の歴史的産業である伝統技術を守り、育んでいくことは130年以上続く当社の使命であり、文化への貢献と考え、現在でも祖業である手織緞通(絨毯)などの美術工芸織物の製造を続けています。
 その時代によって求められる「快適さ」や「暮らし」の姿は変わりますが、それを追求し、実現するために、これからも日本のインテリアのパイオニアメーカーとして独自の挑戦を続けてまいります。

ホームページURL:https://suminoe.co.jp/

事業紹介

 
事業紹介フォト

 

女性の活躍促進に関する取組み

意欲のある女性が活躍し続けられる組織

住江織物グループでは男女の区別なく社員のキャリアに合わせた研修を実施しています。新入社員研修は、1ヶ月間の集合研修と5ヶ月間のOJT研修から成ります。集合研修は入社後約1ヶ月間、本社を中心に行います。各部署の役割を理解し、マナー研修などを通じて会社理解を深め、ビジネスの基礎を学びます。その後、約5ヶ月間配属部署にてOJT研修が行われます。その後も2年次研修、3年次研修とフォローしていきます。また、昇格した際に行う昇格者研修やマネジメント研修があります。
他にも語学研修、スキルアップ研修、通信教育制度があり、知識を深めたい事柄に関して自己啓発のできる体制が構築されています。資格取得の報奨金制度もあり、資格取得をバックアップしています。
資格取得バックアップ

 
女性活躍に特化した研修として、「女性活躍推進講演会」「仕事力アップセミナー」を実施致しました。2018年には女性社員対象に「キャリアデザイン研修」、管理職対象に「女性部下育成研修」を実施致しました。また、21世紀職業財団が主催する「女性活躍サポートフォーラム」に参加し、他社の女性社員と交流する機会を設けています。女性が結婚、出産、育児、介護等のライフイベントを経てもキャリア形成が継続できるよう施策を検討してまいります。

意欲ある女性取組

また、年に一度「働きやすさアンケート」を実施し、社員の満足度・職場環境・女性の活躍などについて社員の意識調査をしています。その結果を見て、2015年よりハラスメント防止研修を全社で実施いたしました。その他、コンプライアンス研修、通報窓口(社内・社外)や相談員の設置など職場環境の改善に努めております。

 

仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

両立支援制度を整備・拡充して来たこともあり、出産・育児を経ても辞めずに働き続ける女性社員が増えてきています。今後も従業員がさまざまなライフイベントに遭遇しても、仕事と生活が両立できるように取り組んでまいります。

 
【育児との両立支援】 ※一部抜粋

  • 育児休業3日間有給
  • 産前産後休暇 各8週間
  • 育児短時間勤務を最大小学校3年生終了まで延長
  • 育児のための始業・終業時刻の繰上げ・繰下げの措置
  • 看護休暇(子一人につき年間5日間)の時間単位取得
  • 育児と仕事 両立支援マニュアルの掲載

 
【介護との両立支援】

  • 介護休業(対象家族一人につき通算して183日の間)
  • 介護短時間勤務
  • 介護のための始業・終業時刻の繰上げ・繰下げの措置
  • 介護休暇(要介護状態の家族一人につき年間5日間)の時間単位取得可能
  • 介護と仕事 両立支援マニュアルの掲載

 
【ジョブリターン制度】

  • 育児や介護等やむをえない理由による退職者の再雇用

社内のネットワークづくりとして、定期的にランチミーティングを実施しています。また、全社で「ノー残業推進Day」を毎週水曜日に実施しており、家庭での時間を大切にできるような風土づくりを行っています。

ランチミーティング

 

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

育児休業等の取得に性別による制限は設けておりませんが、現在までに男性の取得者はおらず、休業期間は無給になる事が大きな壁となっていました。そこで2019年4月より育児休業のうち3日間を有給化し、男性社員も育児休業を取得しやすいよう規程の改定を行いました。配偶者出産休暇(2日)と合わせて取得してもらえるよう、男性の育児参加についても啓発活動を実施していきます。
地域活動への参画支援では、地域に根差す企業として御堂筋清掃活動を月に1回実施しております。

 

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

この度は認証頂き有難うございます。 
当社では、女性社員の活躍について、具体策を検討し実施してまいりました。両立支援制度が充実してきたこともあり、結婚や出産で退職をする女性社員はほぼおらず、継続就業率については増加傾向にあります。しかしながら、活躍推進については継続的な取組みが必要だと感じています。これからも女性活躍推進をはじめ、性別問わず一人ひとりが活躍できる組織づくりやワークライフバランス支援に積極的に取り組んで参ります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きらめく女性の応援ひろば公式SNS