【430】株式会社フォーカスシステムズ

企業等の紹介

代表者:代表取締役社長 森 啓一
所在地:
 本社住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田2丁目7番8号 フォーカス五反田ビル
 大阪支社住所:〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町4丁目5番20号 住宅金融支援機構・矢野ビル13階
設立:1977年4月1日
資本金:29億円 (2019年3月末現在)
売上高:214億円 (2019年3月期)
従業員数:1,161名 (2019年3月末現在)
事業内容:コンピュータシステムのコンサルティング・受託開発
     システムの保守・運用管理、技術支援
     情報セキュリティ関連技術・商品の開発・販売
     Webコンテンツの企画・制作など
     その他、各種コンピュータ関連事業

 

女性の活躍促進に関する取組み

意欲のある女性が活躍し続けられる組織

女性社員の長期的キャリア形成の支援及び活躍機会の拡大を目指し、当社では、女性社員の勤続年数を課題ととらえ行動計画を策定しています。
具体的な定量目標として、2022年度末までに女性新卒入社社員の入社5年以内の定着率を現在の35%から50%以上へ引き上げる事を掲げています。
取組内容としては、以下の項目を実施しています。

  • 両立支援制度の個別周知
    社員の「仕事と育児の両立」を支援するため、多様な制度内容について取りまとめ、対象者に対して個別に周知する。
    2018年 4月~ 子どもが生まれる予定の社員向けに育児休業制度等の個別周知を実施
  • 社員の育児参加支援
    子育て中社員の「育児参加」を支援するため、「育児目的の休暇取得」を推奨する。
    2018年10月~ 育児目的による休暇取得を推奨する活動を実施
  • 若手女性社員向けのキャリア形成支援
    長期的キャリア形成に対する意識を醸成させるための研修や、ロールモデルとなる先輩女性社員から情報提供の場を設定する。
    2019年 4月~ 若手女性社員向けのキャリア形成支援セミナーを実施

 
若手女性社員向けのキャリア形成支援セミナー

 

仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

  • 女性の育児休業の取得率は100%である(2017年度、2018年度実績)
ガイドブック 女性向け

 

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

  • 配偶者が出産する際の休暇付与制度として、3日間の特別休暇(有給)が有る。
    「育児目的の休暇取得」を推奨する旨を周知し、休みやすい環境づくりを行っている。
    2018年度における、男性の育児休業は2名である。
ガイドブック男性向け

 

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

私たちフォーカスシステムズは、ITに関わる企業です。
その仕事では、知識や技術、経験が大きな意味を持っています。
ですが、あえて言うと私たちは、その上にもう一つ大きな指標を置いています。
それは「心」という価値観です。
仕事に対する情熱。信頼に基づく関係。お客さまや社会へ貢献したいという思い。
優れた技術や知識の保持は当然として、心を込めて、心の通い合う仕事をすることこそ、大切だと考えています。
「テクノロジーに、ハートを込めて。」
このコーポレートスローガンは、私たちのそんな思いを表現しています。

今回大阪市様よりご認定を頂き、年齢、性別を問わず、心の通い合う働きやすい会社を目指して個々の多様なライフスタイルに合わせた多様な働き方に対応できる社内体制を構築していきたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きらめく女性の応援ひろば公式SNS