【481】株式会社マルハン

【481】株式会社マルハン
業種 サービス
認証年月日 2020年 03月 31日
本社所在地 東京都
事業所数(本社及び大阪市内事業所) 3
認証レベル ★★
イクメン推進企業
ホームページURL https://www.maruhan.co.jp
 

企業等の紹介

当社は、1957年に喫茶店として創業したことに始まり、「感謝の気持を忘れない」「相手の立場に立って考える」を創業時の精神として、時代に即し、人々へ生きる糧や喜びの提供を行ってきました。事業領域は、人々の余暇の充実を目的とし、総合エンターテイメント企業として、パチンコ事業・レジャー&アミューズメント事業・飲食事業などに領域を広げてまいりました。
また近年は、新興国のさらなる発展を願い、カンボジア・ミャンマー・ラオスにて現地の国民のチャレンジを支援するマイクロファイナンスを中心とした金融事業を展開しております。
創業時の想い、また事業拡大期に従業員一同で決めた「マルハンイズム」の信条、「人生にヨロコビを」という経営理念に基づき、今後も人々の豊かな人生に貢献できるよう事業展開に努めています。  

女性の活躍促進に関する取組み

意欲のある女性が活躍し続けられる組織



当社では、全社方針において「女性役職者」に関する目標数値を明確に定め、女性社員への期待を示しております。また、女性社員の役職者への継続的な登用の可能性を探索することをきっかけに、将来課題に向けた、新しい価値の創造や働く環境の整備を「採用」「教育」「制度」「風土」の4つの切り口を中心に積極的に行っております。
代表的な施策としては、新卒女性社員の積極採用を狙った「女性のためのインターンシップ」の実施、全店長以上に実施した「ダイバーシティマネジメント上司力UP研修」、地域活躍を支援するための「地域社員制度の拡充(選べる地域の細分化・地域社員の役職化等)」、全社のダイバーシティ推進の重要性を風土化していくために「ダイバーシティフォーラム(年1回の勉強会)」「ダイバーシティサミット(各地域での推進リーダーによる全社会議)」「ダイバーシティ成果報告会(全地域による推進結果共有会)」を実施している。
特に大阪エリアにおいては、マルハン梅田店(大阪市北区)・マルハンなんば新館(大阪市中央区)を「ダイバーシティ店舗(女性活躍推進店舗)」として女性役職者や女性正社員の比率を高めた店舗を推進している。男性中心に行ってきた店舗運営を女性中心でチャレンジする事により、新たに生まれる提供価値の創造・男女の固定的役割分担意識の解消・性別にとらわれない能力発揮の定着を図っています。

当社は、業界の特性も有りこれまで男性中心に成長を遂げてきた企業です。貴重な女性社員に対し、出産育児との両立支援については業界に先んじて制度を整備し、従業員の働きやすさを重要視してまいりました。一方で、制度があるだけでは機能しないということにも向き合い、2015年より「ダイバーシティでヨロコビを」という全社方針を掲げ、女性の活躍を試金石に全社にて推進しております。



ダイバーシティ全社方針
「ダイバーシティでヨロコビを」
私たちは、ダイバーシティを通じ、
活躍したいと願う従業員がスムーズに働ける環境・仕組み・きっかけ を生みだすことで、
お客さまへ新たな価値を届ける活動を積極的に推進します

   

仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援

当社は、店舗を中心に事業展開を行う中、現場でスピーディに意思決定が出来るよう店舗責任者が多くの権限を持ち、意思決定出来る組織体制を推進しています。そのため、全社としての基本的な仕事と生活の両立支援制度の設計はもちろんではありますが、営業店舗ごとの推進体制を整えることを積極的に推進しております。
店舗責任者への「ワークライフバランス」「働き方改革」推進のための理解浸透研修の実施だけではなく、店舗にてワークライフバランスを推進できる「働き方改革推進プログラム」の全社展開を実施いたしております。当プログラムでは「環境の変化に囚われるのではなく、自分たちの課題は自分たちで解決する」ということを大切に、理想の職場を従業員で描き、それを現実化させることを目指し、課題解決を行います。これらを行うためには、共に働く従業員のワーク・ライフにおける価値観の共有や個々の成長やチームとしてのシナジー効果の発揮が必要であり、実は本社で作られた制度を利用するのはその次の段階にあると捉えております。「制度があっても使えない」という課題を現場では解決し、また新たに生まれた「課題」を本社へ共有することで、実際にあるべき制度の設計へと繋げていくことを目指しております。   

男性の育児や家事、地域活動への参画支援

当社ではまだまだ大半の管理職が男性であるため、トップである社長より「イクボス宣言」を行うことで本格的に男性の育児・家庭・地域活動への参画を促す仕掛けを推進しております。
宣言内容は以下のとおりとなります。

我々は、部下の育児・介護・ワークライフバランスを応援するため、以下の事項を約束します。
①積極的な有給休暇の取得を推進します!
②男性が育児休暇を取りやすい風土を醸成します!
③多様性を受け入れ、活かすダイバーシティ経営を実現します!

まずは、男性イクメンの現状を知る研修を実施し、「働き方改革推進プログラム」とも連動させ、男性にもしっかりと当事者意識を持っていただくことを推進しております。地域活動については、以前より地域に貢献できることは積極的に実施させていただいいるため、更に推進していくとともに、女性・男性の両輪を回し、大介護時代や少子高齢化等の将来課題を解決し、従業員全員の活躍推進へと繋げていきたいと考えております。   

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」としての意気込み

当社は、大阪市においては「ダイバーシティ店舗」であるマルハン梅田店(北区)・マルハンなんば新館(中央区)を筆頭に、全国すべての店舗で全社方針「ダイバーシティでヨロコビを」を基にダイバーシティ活動を推し進めており、
多様な人財が活躍することで新しい価値を創造し、企業・組織のチカラを高めていくことを目指しています。

具体的には、性別・年齢・働き方・価値観・個性など、さまざまな多様性を認め合い尊重することで、自分らしくイキイキと働ける職場環境・風土を創ることや、地域区分制度や時短制度など社員の働き方の選択肢を大幅に増やし、仕事と育児・介護等を両立するための支援をしています。
女性リーダーの育成・活躍をはじめとし、今後も多様な価値観を活かし、お客様への提供価値を高めて参ります。 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

きらめく女性の応援ひろば公式SNS