【三井住友海上火災保険株式会社】女性が活躍するための、社内の取組をご紹介

平成29年度「大阪女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」特別賞受賞企業である三井住友海上火災保険株式会社では、どのような制度を設けることによって女性活躍を推進しているのかご紹介します。

平成29年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」に関しては、以下の記事をご覧ください。
▼紹介記事
平成29年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」市長表彰 表彰式を開催しました
認証企業の中から、先進性に富む、あるいは地道な努力を続けておられる企業等を表彰しています。平成29年度は新たに、特にユニークな取組を実施している企業等を表彰する特別賞を新設し、最優秀賞1社、優秀賞4社、特別賞4社の計9社が表彰されました。

 

三井住友海上火災保険株式会社での取組例

三井住友海上火災保険株式会社では女性活躍推進法への取組として、ライフイベントがキャリアの途絶とならないための環境を積極的に整備しています。

「退社時間宣言ツール」と女性活躍推進

働き方改革を所管する人事部の発案で「退社時間宣言ツール」を取り入れました。
遅くとも19時退社ルールの導入により、以下に費やす時間の増加につながっています。
・自己研鑽  ・家族と過ごす  ・趣味に費やす  ・スポーツ  ・社外セミナーやイベント参加
・得意先企業とのコミュニケーション  ・社内メンバーとのコミュニケーション

また、これらにより、個々の能力アップ、健康経営、社内外のネットワーク構築といった効果が期待できると考えています。

また、弊社は女性活躍を推進し続けています。その過程で得られた効果として、女性社員が商品開発に携わり女性ならではの視点を活かした商品・サービスを開発したことや、従来の枠を超えた活躍による社内表彰制度への入賞増加等が挙げられ、イノベーション創出につながっています。

今後の取組課題と目標

急速な環境変化に適応するには、女性活躍を含めたダイバーシティ&インクルージョンが必要です。
今年度から新しくスタートした中期経営計画では、人財戦略として「多様な社員全員が成長し、活躍する会社」の実現を掲げました。今後は、女性を含めた多様な社員全員が成長し、活躍する会社をめざし、ダイバーシティ&インクルージョンを推進してまいります。

企業の皆様へ

大阪市には、結婚・出産など置かれる環境が変わっても働き続けたいと考える女性が多く暮らしています。

そういった女性が活躍できる環境を整えることで、これまで培ってきた知識や技術を経営や企業の活動に活かすことが可能となります。
これからの少子高齢化社会における経済の活性化には、女性の活躍促進が不可欠です。

大阪市では女性の活躍促進に向け社会全体で取り組んでいくことをめざし、「意欲のある女性が活躍し続けられる組織づくり」「仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援」「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」について積極的に推進する企業等を、一定の基準に則り認証し、当該企業等が社会的に認知されることでその取組みが広く普及することを目的として、「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証事業を実施しています。多くの企業等の申請をお待ちしております。

申請方法は、▼こちらをご確認ください。
大阪市ホームページ「『大阪市女性活躍リーディングカンパニー』認証への申請」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きらめく女性の応援ひろば公式SNS