きらめく女性の応援ひろばアンケート

radio_01

「きらめく女性の応援ひろば」では「家事と育児と仕事の両立の秘訣」をご紹介してきました。

まずはぜひ、下の3人の女性の会話を、読んでみてください。

ank

きらめく女性の応援ひろばには、こんな悩みを解決できるヒントやアイデアをちりばめています。
以下の「質問」に答えることで、あなたの悩みを解決できるきっかけが見つかるかもしれません。

(一部簡単なアンケートもありますので、ご協力を宜しくお願いします)


Q1 最初にあなたのことについて教えてください。

お住まい:
性別  :
家族形態:

Q2 このホームページ「きらめく女性の応援ひろば」についてお答えください。
利用回数はどのくらいですか?:

ご覧になっている場所はどこでしょう?:

Q3 これまで「きらめく女性の応援ひろば」は、あなたの悩みの解決のヒントや気づきになったことがありますか?


大阪市では「女性の活躍促進事業」の一環として、梅田のコミュニティFM「Be Happy! 789」と連携し、日々活躍する企業・地域・若者の女性にスポットをあてるラジオ番組を通じて女性の活躍を応援しています。 今回は、子どもを持つママでありながら、タレント、大企業、会社経営者の各方面で活躍される3人の女性をゲストに迎え、「家事と子育てと仕事の両立」についてお聞きしました。


ゲスト:新美 佳代さん(阪急阪神ホールディングス株式会社 人事総務室 総務部 課長補佐)
こどもが小さいため、会社の上司や同僚が仕事を軽くしてくれたのは本当に有難いのですが、とはいえ「このままの仕事のやり方でいいのかな?」という不安もありました。そこであり気持ちの切り替えをしたことがきっかけで、今は仕事も育児も全力で取り組んでいます!
お急ぎの方は、4”13〜5"07をチェックしてくださいね!

Q4 気持ちの切替はとても大切だと思うのですが、あなたの悩みのヒントや気づきがありましたか?

Q4-1 悩んでいる皆さんに教えてあげたいあなたの体験談があればお聞かせください。


ゲスト:奥田 絵美さん(株式会社ママそら 代表)
夫の家事・育児のサポートを受けながら仕事に復帰したいが、夫がなかなか許してくれませんでした。でもある工夫をしたことがきっかけで、今や私も会社を起業して毎日が充実し、夫も前よりも家事・育児を手伝ってくれるようになりました!
お急ぎの方は、4”45〜5"50をチェックしてくださいね!

Q5 ちょっとした工夫が大切だと思うのですが、あなたの悩みにヒントや気づきがありましたか?

Q5-1 悩んでいる皆さんに教えてあげたいあなたの体験談があればお聞かせください。


ゲスト:横川 知佳さん(タレント、ラジオDJ)
夫は専業主夫希望で、私は仕事が好きでもっと増やしたいのですが、夫の仕事がハードで週に1日しか休みがとれません。休みの日に疲れている夫にある言葉をかけ続けたことがきっかけで、喜んで家事育児の分担をしてもらえるようになりました!
お急ぎの方は、4"00〜6"00をチェックしてくださいね!

Q6 続けることはとても効果的だと思うのですが、あなたの悩みにヒントや気づきがありましたか?

Q6-1 悩んでいる皆さんに教えてあげたいあなたの体験談があればお聞かせください。


Q7 あなたが仕事・家事・育児を両立するために、求めるニーズや、抱えておられる課題があれば、お書きください(今後の大阪市の女性活躍事業推進の参考とさせていただきます)

次回特集では、女性の活躍促進に取り組む企業の人事担当者などからゲストを招き、様々なお話を聞いていきます。次回もぜひご期待ください。