【株式会社関西アーバン銀行】女性が活躍するための、社内の取組をご紹介

関西アーバン銀行の女性社員

平成29年度「大阪女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」最優秀賞受賞企業である株式会社関西アーバン銀行では、どのような制度を設けることによって女性活躍を推進しているのかご紹介します。

平成29年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」に関しては、以下の記事をご覧ください。
▼紹介記事
平成29年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」市長表彰 表彰式を開催しました
認証企業の中から、先進性に富む、あるいは地道な努力を続けておられる企業等を表彰しています。平成29年度は新たに、特にユニークな取組を実施している企業等を表彰する特別賞を新設し、最優秀賞1社、優秀賞4社、特別賞4社の計9社が表彰されました。

 

株式会社関西アーバン銀行での取組例

株式会社関西アーバン銀行では女性活躍推進法への取組として、ライフイベントがキャリアの途絶とならないための環境を積極的に整備しています。

頭取を筆頭に「イクボス宣言」を実施し、「イクボス宣言書」に署名

経営方針の一つに掲げる「活力溢れる逞しい人材集団の形成」に基づき、働き方の改革および仕事での成果と家庭生活の両立に向けた取組を推進するため、平成29年4月に頭取を筆頭に取締役及び部店長全員で以下の通り「イクボス宣言」を行い、各自が「イクボス宣言書」に署名を行いました。

イクボス宣言

(1)私たちは、業務の効率化や仕事の進め方の改善を行い、時間外労働の削減及び諸休暇の取得促進などの働き方改革に取り組み、職員一人ひとりの仕事の成果と家庭生活の両立を支援します。

(2)私たちは、職員一人ひとりの個性や多様性を尊重し、自らも新しい時代の理想の上司として、ワークライフバランスを実現しながら、組織の目標においても結果を出す「イクボス」を目指します。

(3)私たちは、地域に密着した金融機関として、「イクボス」に係る取り組みの推進に努めることで、お客さまに信頼され、お役に立つ、地域と共存共栄する銀行を目指します。

また、部店長自らが署名したイクボス宣言書は自らの執務机に掲げ、周りからも意識できる状態にしています。

「イクボス」としての意識の定着には時間がかかるが、大きな一歩に!

「イクボス宣言」にあたっては、当初は人事部内でも意見が分かれ、「イクボス」の風土が十分根付いていない中で「イクボス宣言」を実施するのは時期尚早ではないかとの意見もありました。

確かに、形式的に宣言をするだけでは意味がありませんが、まず人事部担当役員による部店長に対するダイバーシティ推進研修で「イクボス」への理解を深めた後に「イクボス宣言」を実施することで、これからの時代に必要な管理職像についての共通認識を持つことができました。

様々な施策の相乗効果ではあると思いますが、イクボス宣言実施後の平成29年度は、営業店での平均退行時間が平成28年度対比で16分早くなり、男性の育児関連休暇の取得者数は、平成28年度の30人(49.2%)から平成29年度には38人(53.5%)と増加し、一定の成果が得られました。

今後の取組課題と目標

両立支援制度の利用実績については、育児休業取得者や短時間勤務制度を利用する職員は年々増加しており、子育てをしながら働き続ける環境は整いました。

また、女性の管理職比率についても平成26年の11.6%(94名)から平成30年には18.9%(151名)と順調に増加していますが、登用目標である20%を達成するには、本人のキャリア意識の更なる向上や職域の拡大に向けた取組みの強化等が課題であると認識しています。

企業の皆様へ

大阪市には、結婚・出産など置かれる環境が変わっても働き続けたいと考える女性が多く暮らしています。

そういった女性が活躍できる環境を整えることで、これまで培ってきた知識や技術を経営や企業の活動に活かすことが可能となります。
これからの少子高齢化社会における経済の活性化には、女性の活躍促進が不可欠です。

大阪市では女性の活躍促進に向け社会全体で取り組んでいくことをめざし、多くの企業等の申請をお待ちしております。

申請方法は、▼こちらをご確認ください。
大阪市ホームページ「『大阪市女性活躍リーディングカンパニー』認証への申請」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう