ワーク・ライフ・バランスについてインタビュー in 業界研究会「就活ソニック」

就活ソニック

平成29年12月23日に、平成31年3月卒業予定の大学(院)、短大、高等学校、専修学校等の学生 を対象に、様々な業界の特選中小企業が集う業界研究会 「就活ソニック」が開催されました。

その特選中小企業の中で、大阪市女性活躍リーディングカンパニー2つ星認証の「株式会社ヒッツカンパニー」様のブースに取材をさせていただきました。

また、当日参加されていた学生の方にも就職活動に対する想いや、ワーク・ライフ・バランスについての認識などを伺いました。

 

株式会社ヒッツカンパニー

ヒッツカンパニー

 

Q どのようなことをされている会社ですか?

モバイルWi-Fiの販売、携帯電話業界への販売員の人材派遣、Wi-Fiレンタルサービスなど、モバイル通信事業を中心に、さまざまな事業を行っている会社です。

Q ワーク・ライフ・バランスをどのようにして取り入れてますか?

産休・育休の制度自体はあったのですが、若い会社であったことから、従業員も若く取得実績がありませんでした。しかし、このたび、平成29年に初めて取得実績ができました。

また、既婚女性が入社時に仕事と家庭を両立させたいという本人の希望により、正社員でありながら、週に3〜4日の勤務をしているという例もあります。

有給休暇に関しては、「有給休暇消化プロジェクト」を発足させ、男性社員が子どもの学校行事に参加するためなどに、消化を促しています。

残業も、平均2.2時間ととても少なく、ワーク・ライフ・バランスを実現しやすい職場環境にあると思います。

 

Q ワーク・ライフ・バランスを、大切している理由はなんですか?

「プライベートが充実しているからこそ、仕事にも励める」という社長の考え方が大きく影響しています。

入社時から、新入社員に向けて、「プライベートも充実していないと意味がない!仕事とプライベートの両立を」と話しています。

Q ワーク・ライフ・バランス関する施策を行って、なにか効果はありましたか?

女性が数多く活躍していますし、管理職に関しても女性が多くなっています。

株式会社ヒッツカンパニーの情報は、コチラのページをご覧ください。

 

参加学生へのインタビューも行いました

女子短大1回生 2人組(株式会社ヒッツカンパニーブースから出てすぐにインタビュー)

短大生2人組にインタビュー

Q 就職先選びで重要視するポイントは?

社風と人間関係(アットホームで風通しが良さそうか、社員同士の仲が良いかを重視したいと思っています。

 

Q ワーク・ライフ・バランスという言葉を知っていますか?

知っています。

 

Q ワーク・ライフ・バランスを重要視していますか?

そこまで重要視して会社選びをしていないが、もし子供を産んで仕事と家庭・育児を両立できるかは不安。

仕事をしていても、旅行したり余暇は楽しみたいと考えています。

 

Q 将来、家庭を持つときに育児休暇はとろうと思っていますか?

正直深く考えてはいませんが、女性がいつまでも働きやすい環境や制度があるなら活用して、結婚しても働きたいです。

 

男子大学生 3回生

男子学生へのインタビュー

Q 就職先選びで重要視するポイントは?

働きやすい環境かどうかを重視しています。
姉が過重労働によって、残業も多く追い込まれる姿を見てきたので、会社の労働環境を重要視しています。

Q ワーク・ライフ・バランスという言葉を知っていますか?

知っています。

Q ワーク・ライフ・バランスを重要視していますか?

残業はあっても構わないのですが、休みをきっちり取れるかを重要視しています。
プライベートも充実したものにしたいので、週1〜2日は休日が欲しいと考えています。

Q 将来、家庭を持つときに育児休暇はとろうと思っていますか?

正直、今はまだ結婚のイメージや、出産・育児など自分が子どもを持つイメージはできていません。
いま現在は、自分一人が働きやすい環境の企業選びをしているなと感じています。
理想としては、自分がしっかり働き、妻はパートタイムなどで無理なく家庭と両立できているレベルがよいのかなと思っています。
妻と協力しながら、子供が小さい時から家族の絆をしっかり結びたいと思います。

 

女子大学生 3回生

女子学生へのインタビュー

Q 就職先選びで重要視するポイントは?

業界は問わないのですが、仕事の内容を重視していて、事務職を希望しています。
理由としては、黙々とやる作業が自分には向いていると考えているからです。

Q ワーク・ライフ・バランスという言葉を知っていますか?

聞いたことはありますが、説明できるというレベルではありません。

※その場で説明させていただきました。

Q ワーク・ライフ・バランスを重要視していますか?

もちろんプライベートも充実させて、楽しく働きたいと思っています。

Q 将来、家庭を持つときに育児休暇はとろうと思っていますか?

すぐ目の前のことしか考えていませんが、ワーク・ライフ・バランスの説明を聞いて、結婚してもやりがいを持って働ける、そして育児休暇を取ってまでも働きたい企業に出会いたいと思いました。
長い目で見て働ける企業に出会うことが重要だと理解することができました。

 

参加学生にインタビューさせていただいた感想

ワーク・ライフ・バランスについて知っている人もいれば、言葉はしっているけれど内容までは・・・という人もいました。

仕事だけでなく、休日や余暇の過ごし方などについてはそれぞれ意見をもっており、ワーク・ライフ・バランスの重要性は理解しているものの、結婚や出産、そして育児、さらに未来にやってくる親の介護など、人生のあらゆる場面で自分や自分のパートナーがどのようなライフデザインを描くかについては、まだまだ想像するのは難しいように感じました。

これから起こる様々なライフイベントを自分らしく生きていくためには、働く会社に柔軟に対応できる制度があるかどうかや、その制度を利用しやすい職場環境かどうかも、就職先を選ぶ基準の1つとして大切な要素です。

 

企業の皆様へ

大阪市では女性の活躍促進に向け社会全体で取り組んでいくことをめざし、関係法令の遵守に留まらず、「意欲のある女性が活躍し続けられる組織づくり」「仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援」「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」について積極的に推進する企業等を、一定の基準に則り認証し、当該の企業等が社会的に認知されることでその取組みが広く普及するよう、「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証事業を実施しています。

大阪市の基準をクリアして、認証を受けておられる企業は、働きやすい環境の充実に努めている企業ですので、就職活動の際には、是非参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう