【株式会社ライフコーポレーション】9歳と6歳のお子さんのお母さんでもある、勤続年数19年目の女性社員のリアルな声をご紹介

平成29年度「大阪女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」特別賞受賞企業の株式会社ライフコーポレーションでご活躍中の女性社員のリアルな声をご紹介します。

 

平成29年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」に関しては、以下の記事をご覧ください。
▼紹介記事
平成29年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」市長表彰 表彰式を開催しました
認証企業の中から、先進性に富む、あるいは地道な努力を続けておられる企業等を表彰しています。平成29年度は新たに、特にユニークな取組を実施している企業等を表彰する特別賞を新設し、最優秀賞1社、優秀賞4社、特別賞4社の計9社が表彰されました。

 

株式会社ライフコーポレーションでの取組例

株式会社ライフコーポレーションに勤務している方の声

今回アンケートに回答していただいたのは、株式会社ライフコーポレーションでご活躍中、勤続年数19年目、9歳と6歳のお子さんのお母さんでもある方です。

Q1:出産を経て復職後、育児と仕事をどのように工夫して両立しておられるか、具体的にお聞かせください。

タイムマネジメントを意識しています。

仕事はもちろんですが、プライベートの時間も、限られた時間の中で育児と家事と余暇をどう組み立てていくかを考えないと、家庭が崩壊するのでおざなりにできません。

時短家電など便利なモノやサービスを最大限活用して、自分にしかできないことに極力時間を振り分けるようにしています。

 

Q2:今までに両立が大変だと感じられたことはありますか?それをどう克服されましたか。

復職直後、こどもを持つ前と同じ働き方ができないことに衝撃を受けました。

仕事の進め方に悩みましたが、限られた時間の中で責任を果たすため、効率よく働く術を徐々に学んでいるように思います。

家庭内では、こどもが病気の時やさみしいと泣かれた時に胸が痛む気持ちを抑えて働くのが辛かったです。こればかりはなかなか克服できませんが、一緒にいる時間を濃密にするようにしています。

社内は育休や時短勤務が当たり前に取得できる風土があります。それは大変有り難く感じました。

Q3:母として、働く女性として、今後の目標があればお聞かせください。

こどもが「お母さんが働いているのもなかなかいいな」と思えるよう、忙しくても一緒に笑い転げている毎日を大切に過ごしたいです。

働く女性としては、男女問わず若い人たちに、仕事と家庭は両立できるという希望を持ってほしいと思っています。
「あの人でもできたなら、自分にもできるかも」と言われるような、等身大の先輩として働き続けたいと思います。

企業の皆様へ

大阪市には、結婚・出産など置かれる環境が変わっても働き続けたいと考える女性が多く暮らしています。

そういった女性が活躍できる環境を整えることで、これまで培ってきた知識や技術を経営や企業の活動に活かすことが可能となります。
これからの少子高齢化社会における経済の活性化には、女性の活躍促進が不可欠です。

大阪市では女性の活躍促進に向け社会全体で取り組んでいくことをめざし、多くの企業等の申請をお待ちしております。

申請方法は、▼こちらをご確認ください。
大阪市ホームページ「『大阪市女性活躍リーディングカンパニー』認証への申請」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Loading Facebook Comments ...